おすすめの剪定バサミ 

こんばんは ニコニコ(女の子)

葉っぱ64ですニコニコ(女の子)

 

 

 

 

 

今日は、来年の春に向けて

ぜひ知っていただきたい、おすすめ剪定バサミ

ご紹介いたしますハサミ

 

 

 

 

 

今日ご紹介させていただく『剪定バサミ』は

比較的手に入りやすく、プロも使っている

剪定バサミになります。

(現場に行くと、結構人の腰道具を盗み見してます(笑))

なんて、、、

 

 

 

 

 

まずは、お手頃価格で使いやすい

プロももちろん御用達の

『 岡恒 』 の剪定バサミです。

 

赤と白のグリップ(柄)が特徴的です。枝を切るときにパチンパチン

いい音がなります。軽いので、腕が疲れにくいです。刃の切れ味も

長持ちしますし、刃も研ぎやすいです。何年経っても壊れにくい印象が

あります。

よく、剪定バサミで壊れやすい、バネの部分も外れることなく、

作りが強いイメージです。

グリップが白と赤なので、剪定した枝や落ち葉の中に落としても

見つけやすい特徴もあります。

ちなみに海外では倍の値段で売られていましたよニコニコ(女の子)

 

 

 

 

 

 

 

そして次は、こちらも計算・研究された

日本の剪定バサミ

『 アルス 』の剪定バサミですハサミ

 

 

 

 

先ほどの挟みより少し、 ごろっとした印象です。

刃の仕様がハードクローム仕上げでヤニ(松のヤニ等)が

付きにくい刃になっています。

バネの上に『打ち合いゴム』なるものが付いていますので

手に掛かる負担が軽くなります。一日中剪定をする時や

休みなく果樹の剪定をする時に掛かる関節への負担

も軽くなります。

 

 

 

握り込みと同時に柄が回転するタイプもあります。

こちらの回転式のタイプも手や手首に掛かる負担を

減らすことができますりんご

こちらも造園屋さんでも使用されていますおにぎり

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

最後にご紹介させていただきますのは

スイスのブランド 『 フェルコ 』の剪定バサミですハサミ

こちらの剪定バサミはスイス製で、

デザインやナウシカに出てくるオームに似ているバネも特徴的です。

用途や手のサイズに合わせて、色々な種類の剪定バサミが

あります。スチール製の刃には専用の砥石が販売されるなど

こだわりを感じます。

刃の手入れを郵送で行なってくれるサービスもあるようです。

 

 

FELCO(フェルコ)からはグリップの部分が皮になった剪定バサミ

も販売されています。

写真は私が昔手に入れたフェルコの剪定挟みです。

私の場合ですが、、、普段使うのは日本製のハサミで、

こっそりしまって楽しんでいるのがフェルコの挟みですアッカンベー(女の子)

 

 

 

 

 

 

こだわった剪定バサミで、バラや樹木のお手入れを楽しむのも

楽しいですよ~ニコニコ(女の子)

雨雨の日には、挟みを研いだり、磨いたりするのも

楽しくなります。。。

 

ハサミハサミハサミハサミハサミハサミ

 

ハサミは手のサイズに合わせて購入するのが

良いかと思いますニコニコ(女の子)

私も大きいハサミの方がプロっぽいという理由で

大きな挟みを使っていましたが、手のサイズに

合ったハサミが疲れにくいという結論を身をもって

経験しました。。、

一日中果樹の剪定をした時の疲れの差が歴然でした。。。

 

 

 

 

 

皆様が良い剪定バサミに出会えますように。。。クリスマスツリー2スノーマン2トナカイサンタ2