エクステリアデザインのスキルアップ

こんにちは

タロウです

 

 

 

 

従業員玄関の脇にフキノトウを見つけました

 

最近は北海道も暖かい日が多くなってきて

 

春らしくなって来ましたね

 

 

 

昨日は 古橋宜昌先生 による

 

エクステリアデザイン のスキルアップUP 講演会

 

参加してきました

 

 

 

古橋先生は エクスプランニング の代表とともに

 

エクステリア&ガーデンアカデミー 東京校の学長を務め

 

設計業務の傍ら、プロ向けセミナーの講師としても全国で

 

講演会 を行われているなど

 

業界で広く活躍されている先生です

 

 

 

 

今回の講演会は

 

北海道のエクステリア施工店のみが対象ということで

 

古橋先生が考えるエクステリアのプランニングや

 

デザインの スキルアップ に役立つ内容について

 

約4時間お話を聞くことが出来ました

 

 

 

講習会といっても

 

ただひたすらスライドを見るといったものではなく

 

手描きでパースや平面図が描けるようになる

 

という目的を持って

 

先生の話を聞き、見本を見ながら

 

実際にみんなでノートに描きながら進んでいくという

 

参加型の講習会でした

 

 

 

 

こちらが先生の見本です

 

 

 

 

 

このデザインは冬の 積雪 が多い北海道の

 

環境を考慮して設計されたデザインで

 

積雪ある時期と無い時期で

 

玄関までの 動線 を変えるというデザインになっています

 

 

 

カーポート の屋根を延長することで

 

冬場は除雪軽減とアプローチを確保することができ

 

冬場以外は自転車やバイクの

 

保管場所にすることが出来ます

 

 

 

また、ただ動線を変えるだけではなく

 

全体のバランスやどちらの動線を通っても

 

いいデザインになる様に考えられている等

 

とてもわかりやすく勉強になりました

 

 

 

こちらが実際に講演で先生が使用されていた

 

iPad miniです

 

 

 

 

 

iPadに先生が描かれた絵が

 

リアルタイムでスクリーンに投影されます

 

アプリは「paper」というもので、基本的には無料ですが

 

筆や色の種類を増やすには少しお金がかかるそうです。

 

 

 

 

他にも塀に スリット を入れる場合の

 

デザインのポイントや

 

 

 

 

 

 

上手く見える 樹木 の描き方

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

デザインウォール のデザインや

 

最近のデザインの トレンド など

 

盛りだくさんの内容でした

 

 

 

 

 

 

 

 

手描きで図面を描く練習をしながら

 

デザインのスキルもアップできる

 

一石二鳥の講演会でした

 

 

 

エクステリア業界の第一人者である先生が

 

北海道のことを考えた内容で

 

中身の濃い講演会をやって下さったこと自体

 

とても嬉しいことであり

 

先生のエクステリア業界を良くしていきたい

 

という思いが伝わってくる講演会だったと思います

 

 

 

休憩時間中も先生は

 

みんなの質問に熱心に答えられていました

 

 

 

 

 

 

手描きにしてもデザインにしても

 

一度学んだから出来るようになることでは無く

 

日々の練習が重要なことだと思うので

 

今回学んだことを今後に活かせる様に

 

練習を積んで行きたいと思います