ガーデンファニチャーのご紹介

こんにちは

タロウです

 

 

今日は ガーデンファニチャー について

簡単にご紹介致します

 

ガーデンファニチャーは

お庭を素敵にした後

そのお庭で心地よい時間を過ごすためには

必要不可欠なアイテムです

 

ガーデンファニチャーをお庭に置くことで

人が集まり、雰囲気が生まれます

お庭という空間を

飾る、楽しむ、寛ぐなど

様々な効果をもたらしてくれます

 

 

ファニチャーにも色々な種類があり

どんなものを選んだらよいのか

迷う方もいるかと思います。

 

選び方の1つとして

お庭の印象に合うもので

選ぶ方法があります。

 

 

上の画像は タカショー さんの商品を

お庭の印象別に分類したものになります。

 

自分のお庭がどのような印象なのか、

どのような印象にしていきたいのかで

ファニチャーを選ぶ参考にして頂ければと

思います。

 

このような印象は主にファニチャーの

色が影響を与えますが

ファニチャーの 素材 も影響を与えます。

 

ファニチャーの素材を分類すると

主に以下の6つになります。

(タカショーさんの商品の特徴の紹介になります)

 

1.プラスチック【軽さは心地よさ】

 

紫外線や水に強い高品質ポリプロピレンを採用しています。

扱いやすくカジュアルな存在として親しまれている素材です。

 

 

他の素材より軽く、手入れも楽、比較的値段が安いのも

嬉しいポイントです

また、他の素材にはないカラフルでポップな

カラーの色の商品もあります

 

 

 

2.スチール【緑が似合うシンプルメタル】

サビへの強さと滑らかさが特徴のコーティングを施してあり

濡れても水滴が落ちやすく

早く乾くため常に清潔さを保つことが出来ます。

 

シンプルなデザインのものが多く

頑丈でローメンテナンスなファニチャーです。

 

 

 

 

3.人工ラタン【優しさと強さの同居】

高い耐候性を持ち経年変化も少ないことから

人気がある素材です。

他の素材には無い

優しい座り心地、感触、表情を味わえます

 

 

 

 

4.天然木、チーク

【時を重ねるほどに味わいを増す「木の宝石」】

 

世界三大銘木のひとつであるチークは

木肌の美しさと高い耐久性で

古くからガーデンファニチャーの素材として

扱われています

 

屋外では時間の経過とともに

木肌がシルバーグレー色に変化し

風景に優しく溶け込んでいきます。

 

 

 

5.ストーン&アイアン【悠然たるコンビネーション】

大理石を手作業でモザイク模様に仕上げた

テーブルトップと優雅なフレームラインが特徴です。

それぞれの石の個性が光るファニチャーです

 

 

 

6.アルミ鋳物【鋳造ならではの造形美】

 

軽量かつ丈夫で実用的なアルミ鋳物製の

ガーデンファニチャーは

その美しさから庭の装飾品としても

愛されています

 

 

 

それぞれ素材特有の特徴もありますので

お庭の印象と合わせて

ファニチャーの使い方、メンテナンスにかけられる時間、

将来的なこともイメージしながら

選ばれることをオススメします

 

 

 

 

弊社商談室のイスも

人工ラタン製のガーデンファニチャーを使用しています。

他にも屋外のモデルガーデンに

ガーデンファニチャーを展示していますので

ご興味のある方は一度是非

ご来店頂ければと思います

 

それでは本日はこの辺で

 

 

 

 

 

 

 

 

 

今日はガーデンファニチャーの

選び方の1つとして

ファニチャーの素材から選ぶ方法を

ご紹介致します。