ゴールデンウィーク 家庭菜園について

こんにちは

タロウです

 

北海道では最近急に気温があがり

日中は一気に初夏のような暖かさになりましたね

 

ゴールデンウィークということもあり

お庭にでてガーデンニングや菜園を始める方も

多いのでは無いでしょうか?

 

今日は家庭菜園の菜園スペースを作る

ユニソン ヘンリースリーパー・ファームユニットを

ご紹介致します

 

 

ヘンリースリーパー・ファームユニットは

支柱材と板の組み合わせで、簡単に花壇を作ることができる

ファームユニットになります

 

天然木のような温かみのある木目意匠が

ナチュラル感のある菜園スタイルを演出してくれます

 

 

 

柱と板はそれぞれ2色

板の高さは3種類あります。

 

 

 

コンクリート製なので経年劣化に強く

木目の意匠性がガーデンに美しく映えます

 

 

 

板を蓋にすることで

コンポストを作ることも出来ます

 

 

このように菜園に高さをだすことで

・水はけや風通しがよくなり野菜が元気に育つ。

・野菜に目線が近くなり観察が楽しくなる。

・低い姿勢の作業が減り、作業が楽になる。

・日照もアップし、ペット等に踏まれる心配が減る。

・野菜が無い次期でも見栄えが良くなる

 

以上のような良いことがあります。

 

このように地面に直接、畑をつくらず

高さを出した植栽スペースを

「レイズドベッド」、「立ち上げ花壇」、「ベンチ栽培」などと

いうそうです。

 

良いこと尽くめのレイズドベッド、

花壇や菜園を考えられている方は

是非御検討下さい。

 

それでは本日はこの辺で