ローメンテナンスなフェンス タカショー アルミラウンド板 束石・柱設置

こんにちは

タロウです。

 

今日の北海道は非常に天気が悪いですね

上空に真冬並みの寒気が入り

明日にかけて強い冬型の気圧配置になるそうです

雪も降るそうで工事に影響が出ないか心配です

皆様も自動車の運転等お気を付け下さい

 

年内工事や細かな手直し等のお客様には

ご迷惑をお掛けしていますが

もうしばらくお時間頂ければと思います

 

先日も現場応援に行ってきましたので

作業状況を簡単に報告したいと思います

 

 

 

こちらの現場では

住宅裏の菜園スペースにある

木製の フェンス が老朽化してきた為

高さと強度のあるものに設置しなおす

施工をさせて頂きました。

 

 

 

まずはフェンスの柱を埋め込む束を設置する為

掘削していきます。

 

 

 

住宅裏で重機を入れることが出来ない為

完全手作業にて掘削していきます

 

 

 

今回はフェンスの強度を出す為

高さ60cmの束石の下に

厚さ6cmのコンクリート平板を設置しています。

 

束石のみの場合よりも

深さも広さも多く掘削しなければならず

大変な作業です

 

 

 

束石は1m間隔で設置し

2箇所に1箇所は控え柱用の

束石も設置しました。

 

 

 

こちらが束石を設置し終わった画像になります。

お客様もスコップを握り作業を手伝ってくれました

ありがとう御座いました

 

 

 

束石設置後、フェンスの柱となる

アルミ角柱 を設置していきます。

束石と角柱の間の隙間に

砕石とモルタルを交互に流し込み

柱が傾いたり動いたりしないように

しっかりと固定していきます

 

 

こちらが柱を設置し終えた画像です。

やはり既にまっくらな状態です

続きは月曜日に行う予定となっています。

 

今回フェンスに使用しているのは

タカショーアルミラウンド板 という

部材になります。(幅は150と100の2種類あります)

 

 

耐候性耐久性に優れ、腐ることもなく

変色しにくいので美しい表情を

末永く楽しむことが出来ます

 

アルミラウンド板は以下の4色から

カラーをお選び頂けます。

 

ダークパイン

 

ブラックエボニー

 

ブラウンエボニー

 

ホワイトパイン

 

 

 

 

こちらが完成イメージパースになります。

今回は柱も含め

落ち着いてた雰囲気の

ブラウンエボニーを使用します。

 

木のフェンスが欲しいけど

老朽化の心配や、保護塗料の塗りなおし等の

メンテナンスする時間がない方

強度のあるものをお考えの方は

是非一度ご相談下さい。

 

それでは本日はこの辺で