スタッフブログ

Category:ブログ
こんにちは、小坂です。

LIXILプラスG
ソーエッジ仕上
札幌市 北区の完成現場をご紹介致します。
札幌市 北区 プラスG 完成現場
札幌市 北区 プラスG 完成現場
LIXILプラスGをメインにしたデザインになります。
3台分の駐車スペースは土間コンクリートで、
ピンコロ石人工芝の目地でスッキリ仕切っております。
札幌市 北区 プラスG 完成現場
天然石グレー御影ソーエッジ仕上げの石材を
門柱に使用致しました。ソーエッジ仕上げ
凹凸の陰影を楽しんでいけます。


お庭のメインのデザインであるプラスGになります。
札幌市 北区 プラスG 完成現場
札幌市 北区 プラスG 完成現場
札幌市 北区 プラスG 完成現場
Gスクリーンを組み合わせた目隠しになっております。
札幌市 北区 プラスG 完成現場
札幌市 北区 プラスG 完成現場
〇〇様、ありがとうございました。
これからも、どうぞ宜しくお願い致します。
Category:ブログ

こんにちは、小坂です。

 

木製フレームポーチの現場のご紹介です。

 

既存のお庭に設置させて頂きました。

木製フレームポーチなので、

今のお庭に良く馴染みます。

 

 

今後は、施主様でシェードを付けて頂いたりと、

いろいろカスタムし楽しんでいただく予定です。

アルミ木目ラッピングにはない、経年変化

など楽しみが多いのが木製のいい所かと思います。

 

最後に本日完了いたしました現場写真になります。

 

 

 

 

 

 

 

Category:ブログ

こんにちは  福井です。

 

本日も完成現場をご紹介致します。

 

既に他社様で門柱・袖壁 前側フリースペースを施工

されていましたが、裏庭の追加工事のご依頼をいただ

きました。

 

施工前の写真になります。

今回メインの裏庭には弊社イギリスから直輸入している

平板や、 キューブストーン で仕切った植樹スペース、花

壇スペースを設けました。1部 ハーブマット が敷設になり

ました。

 

 

既存の 人工芝 スペースには、枕木風コンクリート平板

ステップ として設置になりました。

 

正面の門柱 袖壁塀は、施工後数年にも関わらず

ひび割れが目立っていたので、リーフォームも 合

わせてご依頼いただきました。

塗り壁塀のひび割れの原因は、地域の路盤の状態や

凍結深度に合わせた基礎が入っていない場合や、ブロ

ック自体のモルタル充填不足によるものが考えられます。

今回は、エポキシ樹脂を低圧・低速で注入し補修しました。

 

門柱前の化粧砂利スペースには 自然石 の 乱形

黒土が入りました。

 

 

隣地境界には ローメンテナンス 樹脂フェンス

アルファウッドフェンス 』が設置になりました。

 

○○様

ありがとうございました。

これからも末長いお付き合いをお願い致します。

 

 

 

 

Category:ブログ

 

こんにちは 中川です。

 

本日は前回フロントの完成現場をご紹介した物件の

裏庭のご紹介です。

 

 

既存のカーポート下のアスファルト舗装延長と物置移設

焼肉スペースなどを施工致しました。

 

 

 

敷地の高低差を活かし、住宅基礎の高さまで

持ち上げてのご提案となりました。

 

 

施工前

施工後

既存のコンクリートステップ天端と同じ高さで仕上げています。

持ち上げることで 無駄のないスペースの使い方ができ、

室内からのお庭の眺めもより一層楽しめます。

 

 

以前アプローチに使用していたインターロッキングを

再利用した菜園まわりです。

菜園には弊社オリジナルの石材 キューブストーンを使用しました。

 

 

隣地面には、タカショー のアートボードを使用した

仕切りのフェンスを設置しています。

高耐候性のシートをラッピングしたのアルミ複合板になり、

今回は木調の ブラウンエボニー をお選び頂きました。

 

 

〇〇様 どうもありがとうございました。

これからもどうぞよろしくお願い致します。

 

以上 完成現場のご紹介でした。

 

Category:ブログ

こんにちは、小坂です。

 

施工中の現場ご紹介致します。

先日プラスGの設置を完了させ、駐車スペース

コンクリート打設工事になります。

駐車スペースアクセント

ピンコロライン人工芝ラインでメリハリを

付けています。コンクリートの中の緑が

明るさをプラスします。

今回は玄関正面の2台分のスペースの打設になりました。

 

3台分の大きな駐車スペースになりますので、

より人工芝ラインがいいアクセントになります。

 

 

〇〇様、完成までどうぞ、宜しくお願い致します。

 

 

 

 

 

pagetop