デザイン門柱・塀

IMG_8431
札幌市にお住いのY様邸 正面の広い敷地と裏庭のスペースのご依頼でした。 特別な施工方法で仕上げたデザイン門柱 使用している材質は、 色褪せしにくく高い耐久性を持ち合わせています。 タカショーさんの ウォールアップライトを  壁面下側に設置しました。 夜は、ライトアップによりより高級感の増した仕上がりになること間違いなしです。 カーポートは、ジーポートneo(カームブラック)…
IMG_6445
シンプルな外観に アンティーク風な木製ドアが特徴のご自宅に合わせ 茶・白・緑(ジューンベリー)とアースカラーでまとめたデザイン門柱 ダークブラウンとホワイトの組み合わせは シンプルにかっこよくもあり ナチュラルブラウンとホワイトは スッキリと可愛らしい印象を与えてくれます。 デザインに動き・立体感を出すことでおしゃれの中に少しの遊び心がある仕上がりとなります。
DSCN96612
札幌市 白石区 S様邸は駐車スペースをメインとし、冬の導線と夏の導線を分けた*Winテリア*プランになります。白・グレー、アクセントの緑ですっきりとしたアプローチ。 施主様こだわりの塗り壁門柱。玄関ポーチの木調の外壁・玄関ドアと色を合わせて頂きました。シンボルツリーのアオダモもサラリといい感じに収まりました。
DSCN90211
札幌市 北区 C様邸は、広い敷地をLIXILプラスGをメインにシンプルにまとめた外構。広い間口を有効に活用しアプローチを兼ねた駐車スペースとフレームで囲われた空間をご提案致しました。アプローチを兼ねた駐車スペースの横に天然石を貼合わせたグレート御影と白の塗り壁でモノトーンなデザイン門柱フレームの内には芝を敷き詰め緑に癒される空間になります。ブラックの天然石ステップとシャラノキ
2015-08-16-14.25.434
札幌市 東区 W邸は住宅に合わせた、ナチュラルなカラーで統一した、明るい外構になります。駐車スペースはコンクリートに天然石の砂利を樹脂材で固めた舗装材を使用しております。アプローチを兼ねた駐車スペース、人工芝のラインですっきりとデザイン門柱の裏側のフリースペースには、イギリス製品のテクスチャード平板と人工芝・アクセントにコンクリート枕木を花壇までのアプローチに。
DSCN79821
札幌市 北区、白を基調とした緑がきれいに見えるフロントガーデンになります。ポーチフレームをメインとしシェード(日よけ)の下で、BBQなど楽しめる空間になります。敷地内で高低さのあるお庭でしたので、門柱と高低さを解消する低めの塗り壁塀を設置致しました。フラットにした部分に平板と芝生を敷詰めフリースペースをもうけました。
IMG_52681
札幌市 北区 の物件になります。可愛らしい印象の住宅に合わせ、角の歩道際に沿ってレンガによる仕切りとフェンスを設置させて頂きました。歩道境界に沿ってレンガの3段積みによる仕切りと、タカショー ロイヤルフェンス を設置しました。角地の場合、何か敷地を仕切るものがなければ、無断で敷地をショートカットする人などが稀にいますが、こうすることで、お庭と歩道の境界を明確にし、防犯性も向上させることが出来ます。…
IMG_65961
札幌市 西区 の現場です。 玄関とカーポート、その後ろの物置が、隣地の窓から丸見えの状態で何とかしたいと困られていたお客様です。元々あったカーポートですが、横に後付でフェンスを設置しました。高さは約2mあり、冬場の雪の吹き込みも軽減できます。 既存アスファルトを一部撤去し、束石を埋めて柱を立ててパネルを固定しています。 カーポートの柱も利用することで、高めのフェンスですが強度のある目隠しフェ…
IMG_37552
石狩市内の広い敷地のの庭工事です。隣地面に目隠しを兼ねたフラワーボックスを設置しました。ちょっとした目隠しがあれば、お庭の中でより一層くつろぐことができます。
IMG_2552
札幌市 豊平区 お庭をトータルでプランさせていただいたこちらの物件では、モダンな住宅の雰囲気を大事に旦那様こだわりの和の雰囲気をプラスした札幌軟石を用いたデザインです。裏庭は住宅水切り下まで床面全体を持ち上げ、人工芝の広々とした焼肉スペースに、ウッドフェンスでお庭を囲いワンちゃんが思い切り遊べるドッグランになっています。
IMG_1474
こちらの物件では、ガラスを組み込んだ アルミフレーム 『プラスG』 とデザイン門柱 を設けた エントランス 、裏庭にはプライベートを確保した 持ち上げテラス をご提案させていただきました。住宅と調和し た立体感のあるデザインや夜のライティングが魅力的な外構となっています。
IMG_1525
札幌市 手稲区の施工例です。こちらの物件では、タカショー アルミラウンド板 を使用し、木板貼り調の門柱を施工致しました。一見、木板に見えますが、アルミ製の板に木目シートをラッピングしたものを使用している為、天然木のように腐食する心配が無く、保護塗料の塗り直しなどのメンテナンスもいりません。

pagetop