ハードウッド(ウリン)材のパーゴラ<札幌市>山口

09a_is04
I様邸は、もともと塀やデッキがあったお庭で、今回はこの塀とデッキを活かしたリガーデン(お庭のリフォーム)の工事をさせていただきました。 既存デッキ部分には、高さ1.2mの木樹脂フェンスを設置しました。 互い違いに並べたウッドフェンスにオリジナリティーを出してみました。 この他にも温かみを感じる色合いにあわせて、木製素材のフェンスやパーゴラを用いてお庭をデザインしています。手前の目隠しフェンスと角柱は、丈夫なウリン材を使用しています。 花壇に植えるお花によってまた表情が変わるので、これから楽しみですね。
dscf0177
花壇部分の目隠しフェンスは、閉鎖的になりすぎず、また単調にならないよう互い違いに設けて変化をつけています。フェンスからのなだらかな緩衝部分として、角柱を並べて立て,なだらかなラインを作っています。圧迫感も少ないので、低い目隠しとしても効果があります。
dscf01821
お庭のベンチスペース部分は、片持ちのウッドパーゴラを建てて高さと雰囲気を出しています。 ベンチスペースの床は自然石を敷いて、目地は白セメントを用いて白さを演出しています。座ってよし、見た目よしのオブジェ的存在感もあります。
09a_is01
フリースペースの平板の周りには、イエロークラッシュの化粧砂利を敷き込みました。化粧砂利の下は防草シートを敷き、雑草対策もしています。 既存のデッキにアクシアステップでステップを施工し、フリースペースはアクシアトラッドと化粧砂利で施工しました。色はステップにあわせてオールドストーンを選んでいます。フリースペースと花壇を分離して、用途を明確にしています。
09ps_is02
正面からのイメージパースになります。打ち合わせ段階でこのよう3Dパースを製作しますので、お客様にもわかりやすく説明させていただいています。
09ps_is011
アクシアトラッドのフリースペースのパースになります。