ROEX|Space Design Company Roex.Co Ltd. ROEX|Space Design Company Roex.Co Ltd.

お問い合わせCONTACT

北海道の野鳥を呼ぶ『誘鳥木』のご紹介

本日は 野鳥・小鳥を呼ぶ木「誘鳥木」のご紹介をさせていただきます!

誘鳥木(ユウチョウボク)とは、「野鳥が好む花蜜や実をならし、野鳥が立ち寄る木」のことをいいます。
食べ物だけでなく 巣作りのしやすさや、体を休められかも誘鳥木の大切なポイントとなってきます。

 

北海道のお庭でも育つ シンボルツリーの中では、
「エゴノキ」「ヤマボウシ」「ジューンベリー」「イロハモミジ」が誘鳥木にあたります!

誘鳥木~イロハモミジ

秋に見事な紅葉を見せてくれる【イロハモミジ】

花言葉は 「大切な思い出」 

イロハモミジの幹の中には 実は沢山の甘い樹液が流れているんです。
その垂れてきた樹液が 誰よりも好きなのが「メジロ」です!!メジロは甘いものに目がありません。

メジロ(目の周りが白い事からメジロと名付けられました)

誘鳥木~エゴノキ

白やピンクの上品な花が 枝に吊り下がるように咲く「エゴノキ」

開花後に実る実の殻には エゴサポニンという毒があるので 基本的に鳥は食べに来ません。
しかし その鳥の中で 唯一 エゴノキの実を独占できる鳥が「ヤマガラ」です!

ヤマガラは 口先が他の鳥に比べ 器用な為 固い殻を自分の足で押さえ くちばしで割ってから、
口先で毒のある殻と 美味しい実を 分けて食べる事が出来ます。

ヤマガラ

誘鳥木~ジューンベリー

6月に赤い実をつける「ジューンベリー」

耐寒性があり、北海道では育てやすい樹木
6月になる実(弊社の展示場では 8月に実りますが・・)は ジャムにして食べる事ができますが 鳥も大好きな実です。
特に「ヒヨドリ」が よく食べに来ます!

展示場にて収穫した ジューンベリーの実
色が黒い熟している実ほど甘くて美味しいです!

ヒヨドリ

 

 

本日は 北海道におすすめ 誘鳥木 のご紹介でした!

弊社 モデルガーデンの樹木にも 「セキレイ」という野鳥がよく遊びに来ています

この記事と同じタグが付けられた記事

関連記事はありません