ROEX|Space Design Company Roex.Co Ltd. ROEX|Space Design Company Roex.Co Ltd.

お問い合わせCONTACT


札幌市 手稲区 W様邸です。

可愛らしい印象の住宅に合わせ、お庭のリフォーム工事のご依頼をいただきました。

BEFORE

こちらが現地調査時の写真です。
スチール物置が元々ありましたが、お庭へのアプローチや花壇の仕切りなどは手作りで、土のままのスペースも多い状態でした。
綺麗なお花や木製のベンチが飾られていたり、お客様のお庭の好みやお庭に時間をかけていることが分かります。

こちらが施工後の写真です。

植栽出来る範囲を明確に区切ることで、植物の管理がしやすいお庭になりました。

また、人が歩く導線は平板などを敷設することで、歩きやすく、ガーデニングなどもしやすいお庭になっています。

 

 

 

 

こちらはお客様が元々持っていた平板になります。

お庭のリフォームの場合、元々あったもので使えるものは使うことで工事金額を抑えることも可能です。

 

既存の平板を物置までのアプローチに敷設しています。
縁に植えているハーブマットが伸びてくると平板の上にかかり、さらにナチュラル感が増したアプローチになります。

 

 

 

お庭の中央には イギリス製品のテクスチャード平板にてフリースペースを設けています。

また、人の導線には同じくイギリス製品のコンクリート枕木 ログスリーパー をステップ状に配置しています。

周りは人工芝になっており、緑に囲まれたナチュラルな雰囲気のフリースペースになります。

 

 

お庭の一角にレンガと木材で作った オリジナルベンチ を設けています。

レンガは エスビック ロイヤルパインブリック で、色は住宅外壁に合ったパインイエローとなっています。

フリースペースにイスを出さなくても、ここに腰掛けるだけで手軽にお庭で寛いだり、お茶を飲んだりすることが出来ます。

 

 

 

左は現地調査時の写真です。

既存の樹木やバラが大きくなり過ぎてしまい、手に余る状態でしたが、撤去して一度お庭をすっきりしました。

目隠しにもなっていた樹木がなくなったので、既存のRC塀の裏にアルミの支柱を立て、樹脂フェンスを設置しました。

使用したのは タカショー モクプラボード リアル のブラウンエボニーになります。

 

 

 

モクプラボード リアルは ローメンテナンスな樹脂製ボードのパネルで、表面には木目調の凹凸が表現されており、天然木のようなやわらかい印象のフェンスです。

 

 

 

全体的に年数が経過してもただ古ぼけるのではなく、レンガなどの味が感じられるような素材でお庭を作っています。

それらの素材を曲線のラインであったり、ランダムに配置している為、優しい雰囲気のお庭になりました。

さらにお客様が花壇への植栽やプランターを置くなど、ガーデニングしてくれることで、可愛らしいナチュラガーデンになりました。

 

 

 

この記事と同じタグが付けられた記事