札幌市 白石区 LIXIL プラスG 敷地を自在にレイアウト 間取りの骨組みをつくる

8-28-2

札幌市 白石区 K様邸です。

主にアプローチやドッグランにもなっているフロントガーデンを施工させて頂いています。





DSCN9948

駐車スペースからのアプローチとしてタイル平板の敷設が進んでいます。

既に表面が仕上がった塗り壁門柱については、他の施工で汚れない様、養生をして作業を進めています。





DSCN99493

DSCN9951

ドッグランの仕切りとなるフェンス用の支柱も立っています。

アプローチ周りには LIXIL プラスGが設置されています。

プラスGを入れることで、敷地を立体的にデザインし、空間を間取ることで、高さや奥行を生み出します。

また、角柱状のガラス インゴットと照明が組み込まれており、夜には雰囲気の異なったアプローチとガーデンを楽しむことが出来ます。





8-28-1

こちらが完成イメージ3Dパースです。

垂直方向の仕上がりにも気を配りながらの施工になるため、通常より難しい施工が多いですが、少しずつ完成に近づいています。