札幌市 西区 RC擁壁

2ff4bf600261c66c540906db57e2a71f

10月8日に着工となりました、札幌市 西区 N様邸です。




IMG_14671

IMG_1473

こちらが現地調査時の写真です。

L型ブロックを3段重ねて土が崩れるのを防いでいましたが、L型が老朽化により破損してきており、低い隣地側に徐々に崩れてきている状態でした。

このままだと隣地に法面が崩れてしまう可能性があるので、頑丈なRC擁壁を建て、土が隣地に流れないようにする施工になります。




RIMG3791

まず隣地の方の許可を得て、隣地敷地の法面から掘削していきます。




RIMG3789

既存のL型は法面の土を削りながら撤去していきます。




RIMG3795

RC擁壁のベース幅まで土を掘削していきます。

住宅側の土が崩れてこないように、単管とコンパネで壁を作りながら慎重に作業を進めていきます。




RIMG3818

RIMG3821

本日の作業で、RC擁壁の鉄筋組、ベース生コン打設を行っています。

高さがあり、土圧もかなりかかる為、部分的に太さ13㎜の鉄筋を使用したり、ベース幅を1200㎜確保するなど、通常よりも強度のあるRC擁壁です。