石狩市 リガーデン工事 腐朽した枕木を撤去し しっかりとした土留めへ

DSCN00023

石狩市 N様邸です。リガーデン工事のご契約をいただきました。

こちらは現地調査時の写真です。

住宅裏と隣地との敷地の高低差が大きく、枕木を立てる形で土がおさえられていましたが、枕木の腐朽が進み、枕木と一緒に土が崩れそうになっていました。




P1000005

古い枕木を全て撤去し、AB石垣を設置しております。

AB石垣は土留め擁壁用ブロックで、上下のブロックのリップ部を組み合わせることで簡単に組積することが出来ます。




P1000006

側面からの冷気対策としてAB石垣の内側に断熱材を入れています。

また、通常はモルタルや鉄筋を使用しない乾式施工を行いますが、今回はかかる土圧の大きさを考慮し、内部に鉄筋を通し、生コンを入れて強度を上げて施工しています。



RIMG2577

住宅に隣接するように、同じくAB石垣にてテラスを造っています。

AB石垣の表面はスプリット加工により、自然の石積み風の意匠となっています。


RIMG2572

住宅横の隣地側にもAB石垣にて土留めし、既存物置までコンクリート枕木によるステップが設置され、化粧砂利が入りました。



RIMG2571

住宅前には大判のコンクリート平板やインターロッキングによる駐車スペースを作っています。

ところどころに人工芝の緑が入り、黒土の部分にはハーブマットが入る予定です。

元々あった木製のフェンスは腐朽し、雑草が生い茂っている状態だったので、非常にすっきりと使いやすくなった印象です。




07a555c0aa7efaef21ce8e2a11b4f9f9

こちらが完成イメージ3Dパースです。

既にお庭が完成していても、年数が経つと、老朽化や家庭の変化でお庭・外構の使い方も変化していきます。

現状で抱えている不満点を無くすだけではなく、今後の生活を豊かにするものへと変えることが出来ますので、お庭の現状にお困りの方はお気軽にご相談下さい。