札幌市 北区 芝生敷設工事2件

fe31424d844982812c12dd892b22648c

札幌市 北区 の現場です。
12日に芝生敷設工事を行っています。




DSCN25471

黒土の路盤にロール状になった芝生を並べていきます。
ロールの継ぎ目が十字にならないよう、隣の列とは基本的に半分ずらして並べていきます。
また、ロール同士は出来るだけ隙間無く密着させて並べます。
こうすることで芝生が成長した際に、ロール同士の継ぎ目が早くなくなり綺麗に仕上がります。




DSCN2551

芝生を敷き終わったら必要に応じて目土を入れ、芝生全体を転圧します。
転圧することで芝生と黒土路盤を密着させ、根付きを良くすることが出来ます。

ロール状だった芝生はかなり乾燥しているので、同時にたっぷりと水遣りをして潤してあげます。
こうすることでさらに根付きを促し、目土を落ち着かせてなじませることが出来ます。



DSCN25481

芝生貼りと合わせ、シンボルツリーも植えています。

ジューンベリーとアオダモの2種類の樹木を植えています。

樹木や芝生がお庭にあるだけで、見た目に鮮やかで季節感の感じられる素敵なお庭になります。




127a2c5132edd0d6a246c39ee8ccdc2b

こちらも札幌市 北区 の現場です。

こちらも先日作った黒土路盤に芝生を敷設しています。




RIMG2507
RIMG2508

RIMG2510
RIMG2511

外壁がレンガの住宅なので 芝生の緑がよく映えています。





RIMG2512

駐車スペースの土間コンクリートの目地部分など、細すぎて天然芝では成長が難しい場所は人工芝を使用していますが、日当たりの良い箇所については天然芝を敷設させていただきました。

人工芝と比較し、水遣りや芝刈りなどの世話が必要になりますが、見た目の美しさや、真夏の直射日光に当たっても熱くならず、裸足で歩いた時のふかふかな感触は天然芝ならではの特徴です。