工事現場の今

8-28-2

札幌市 白石区 K様邸です。

主にアプローチやドッグランにもなっているフロントガーデンを施工させて頂いています。





DSCN9948

駐車スペースからのアプローチとしてタイル平板の敷設が進んでいます。

既に表面が仕上がった塗り壁門柱については、他の施工で汚れない様、養生をして作業を進めています。





DSCN99493

DSCN9951

ドッグランの仕切りとなるフェンス用の支柱も立っています。

アプローチ周りには LIXIL プラスGが設置されています。

プラスGを入れることで、敷地を立体的にデザインし、空間を間取ることで、高さや奥行を生み出します。

また、角柱状のガラス インゴットと照明が組み込まれており、夜には雰囲気の異なったアプローチとガーデンを楽しむことが出来ます。





8-28-1

こちらが完成イメージ3Dパースです。

垂直方向の仕上がりにも気を配りながらの施工になるため、通常より難しい施工が多いですが、少しずつ完成に近づいています。





CIMG6056

札幌市 西区 T様邸です。

持ち上げテラスの隣地・歩道側を囲うようにフェンス・柱が設置されました。




CIMG6057

土留めで高さが持ち上がっている為、土留めより下にはフェンスのパネルを付けないことで、価格を抑えることが出来ます。




CIMG6064
CIMG6065

翌日、歩道側のフェンスパネルも設置され、テラス内のテクスチャード平板が敷設されました。
イギリス製品のテクスチャード平板は、表面の風合いや色に若干の色むらがある、トラディショナルタイプの平板で、ナチュラルなデザインに良く合う平板になります。



CIMG6068

テラスのステップを降りた場所は人工芝スペースになる為、モルタル路盤を作成しています。
CIMG60731
CIMG6072
CIMG60761

さらに翌日、人工芝が敷設されました。

また、フェンス角の植栽スペース周りにビリ砂利が入っています。




76c691c22c7ef40a64aa64b04f05e90c6

こちらが着工前の写真です。

リビングの窓からの景色、お庭に出た際の周囲からの視線が気になる状態でした。




cf2e85684b7c883e211c308063be8cd5

こちらが完成イメージパースです。

周囲の視線を気にせず、使いやすいお庭を考慮したデザインとなっています。


主に残っている工事は樹木や化粧砂利、ハーブマットなので完成まで後少しの状態です。




CIMG9458

札幌市 北区 Y様邸です。 

住宅周りの古くなってきた土留めを交換したり、高さの足りないガーデンブロックを外して、新たにブロックを積むリガーデン工事になります。




CIMG9460

住宅裏に木の板等で土を抑えられていましたが、一部が腐り、高さもバラバラの状態でした。




RIMG2028

元々あった土留めを撤去し、40㎝まで土を抑えられるコンクリート製の土留めを設置していきます。
木と違い時間と共に朽ちる心配が無く、見た目もスッキリしました。




CIMG9457
CIMG9462

隣地側にあるガーデンブロックも、裏の土留めの高さより低い為、撤去して新たにブロックを積んでいきます。




RIMG1605
RIMG1604

コンクリートブロック120を2段積みしています。

以前のガーデンブロックよりブロックが立ち上がっている為、土がこぼれにくくなりました。




e8521248ece3c6b4a1c33d28122d1900

札幌市 厚別区 H様邸です。




CIMG6009

土間の生コンクリート打設作業です。

生コンが飛散して周囲を汚さない様に周囲を養生し、ポンプ車とミキサー車が到着すると打設開始です。



CIMG6010

今回、土間表面は刷毛引きで仕上げています。

天気が非常に良く、表面の硬化が早い為、時間との勝負になります。




CIMG60172

土間の一部にアクセントとしてガラス『ニューカットダル』を4箇所埋め込んでいます。




CIMG6027
CIMG6028

その他、キューブストーンによる仕切り等を設置しています。

今後、お庭内部を中心に進めていく予定です。




pagetop