札幌市 西区 リガーデン 既存カーポートに後付目隠しフェンス

ビフォーアフター

before
a1

札幌市 西区 の現場です。
玄関とカーポート、その後ろの物置が、隣地の窓から丸見えの状態で何とかしたいと困られていたお客様です。




bottom
after
IMG_65961

元々あったカーポートですが、横に後付でフェンスを設置しました。高さは約2mあり、冬場の雪の吹き込みも軽減できます。
既存アスファルトを一部撤去し、束石を埋めて柱を立ててパネルを固定しています。
カーポートの柱も利用することで、高めのフェンスですが強度のある目隠しフェンスとなっています。




before
b

門柱と植栽スペース裏のお庭部分については、人工芝が貼られていました。




bottom
after
IMG_65761

住宅横にも植栽スペースを新たに作る為、そのアプローチとしてイギリス製品のログスリーパーを設置しました。
この商品はコンクリートでリアルな枕木を表現したもので、天然木の枕木のように時間経過とともに朽ちる心配がありません。




before
c

住宅横にもお庭として利用出来るスペースがありましたが、雑草が生えており基本的に手付かずの状態でした。




bottom
after
IMG_65921

雑草を一度きれいに除去し、平板によるアプローチ、奥には植栽スペースや花壇を設けました。
このように縦長のスペースでまとまったスペースが無くても、十分お庭として使うことが出来ます。





完成写真 クローズアップ

IMG_66081

既存の門柱と塀ですが、元々施工した業者の不良施工により、所々にヒビが入っている状態でした。
今回の施工では既存の門柱と塀のリフォームも行いました。




IMG_65751

元々あった化粧砂利をよけ、天然石の乱形と黒土で小さな植栽スペースを作りました。
黒土部分が少なく、雑草の対策や花の管理が楽になります。




IMG_65771

門柱の裏にはシンボルツリーのある植栽スペースを作りました。シンボルツリーにはジューンベリーを植えています。
歩道に近い目立つ位置にある為、季節によって花や実、紅葉を道行く人も楽しむことが出来ます。




IMG_66111

塀のクラックにはエポキシを注入し表面を新たにジョリパットにて仕上げています。
わざわざ解体しなくても、あるものを利用し手を加えることで、印象を変えることが出来ます。
門柱には今まで付いていなかった表札も設置しています。




IMG_65791

住宅横の植栽スペースには、奥から化粧砂利、黒土、ハーブマットのスペースがあります。
化粧砂利やハーブマットなど、表面が黒土のスペースを減らすことで、草花の管理、雑草対策が必要に箇所を減らすことが出来る為、忙しくて中々ガーデニングに時間をかけられないという方にオススメです。




IMG_65811

植栽スペースにはヤマボウシとシャラを植えています。
花壇の仕切りにはキューブストーンのタンブルタイプを使用しています。
色や形がひとつひとつ少しずつ異なり、ヤマボウシの下に敷詰めた化粧砂利のパープルスレートと合わせて、ナチュラルな印象で仕上げています。




IMG_66012

カーポートに設置したフェンスは後ろの物置前まで柱を立てて設置しています。
既存のアスファルト舗装を撤去した箇所はフェンス設置後に補修しています。
柱はアルミ、フェンスパネルは樹脂で出来ている為、木製フェンスのようなメンテナンスは不要で、一度設置してしまえば、綺麗な状態を維持することが出来ます。