台形の土地に合わせた 樹脂デッキ LIXILの『 樹ら楽ステージ 』  札幌市

IMG_3322

こちらのデッキはLIXIL(リクシル)の樹脂デッキ『樹ら楽ステージ』です。このきららステージは木の粉を練り合わせた樹脂デッキで雨のシミが付きにくく、従来の樹脂デッキよりも表面温度が最大約10℃下げることができる商品です。リクシルのきららステージは万が一お子様がデッキの下に潜ってしまった時などのために、打ち込んだネジの先端を保護する機能部材などか付いています。

 

 

 

 

 

235
IMG_3320

台形の土地に合わせて、樹脂デッキを加工し敷地を隅々まで使えるようになっています。またデッキの一番上で+40cmになっていますので、ちょうど椅子のような高さになっております。なので、下でバーベキューなどをする時もデッキの隅に腰掛けて楽しむことができます。

 

 

 

 

IMG_33621

きららステージは他社の樹脂デッキにはあまりない、デッキの脚の部分もデッキと同じ色に仕上げることのできるデッキ材です。ネジが露出する部分が少なく、板表面のささくれも少ないので、お子様の手にも安心してお使いいただけます。小さくデッキを付けるよりも、ある程度の大きさをもったデッキの方が後々の使い勝手が良く、作って良かったなぁっと思っていただくことが多いです。

 

 

 

 

 

IMG_33602

デッキ奥には、アルミ製の手すりを付けてあります。ちょっと布団を干したりするのにも良さそうです。

 

 

 

 

 

img_0031

LIXILのきららステージは5色あります。他の会社と比べると、一番薄いクリエペールに特徴があるかと思います。タカショーの樹脂デッキの一番薄いお色はホワイト色で、三協立山アルミは薄いグレーが一番明るいお色になっております。

 

 

 

 

 

KIRARA

リクシルのきららステージも色々な形に施工できます。ある程度は図面上で設計をして後は各現場に合わせて施工を調整しています。

 

 

 

 

img_main

何年かに一度、樹脂デッキもデザインや設計変更があります。LIXILのきららステージは2013年の6月に新しく発売されたデッキ材でもあります。

 

 

 

 

 

IMG_3310

S様にも大変ご満足頂けました。お庭でお子様も皆様も楽しく遊んでいると教えてくださいました。ありがとうごいました。