住宅に合わせたシンプルな塀 東洋工業 ペールストーン

RIMG03111

こちらの物件では外構全体を施工させて頂いた中で、玄関前の門柱、歩道境界に塀を設置させて頂きました。

 

 

 

 

RIMG03201

門柱には 東洋工業 ペールストーン テフ&リード を7段積み、ブロックの笠木として キョーワ ストーンボーダー  を使用しました。

 

 

 

 

2013-11-01-11.17.14

ブロックの間に ZERO インゴット100 を入れ、インゴットをまたぐ様に表札を設置しています。

 

表札は 福彫 金属表札 切り文字(KT-73) を使用しています。

 

インゴットは暗くなるとモジュールライトにより自動点灯し、昼間とはまた違った表情を見せてくれます。

 

 

 

 

20110428_1603_22_0218w568_h423_popup1

門柱と塀に使用しているペールストーンは2種類あり、それらを組み合わせて使用しています。

 

ペールストーン テフは、規律あるスクエアのポイントデザインが特徴です。

 

シンプルでモダンなデザインに、ポップで柔らかなデザインに、表現の自由を感じさせるコンクリートブロックです。

 

 

 

 

20110428_1612_37_0828w568_h444_popup1

ペールストーン リードはランダムで繊細なラインが表面に施され、櫛引調の横のラインが特徴です。

 

テフ、リードともに WJ加工 という水で製品表面を削り出す東洋工業独自の加工技術により加工されています。

 

カラーはそれぞれアンバーホワイト、エクルベージュ、ココアブラウンと3色あり、ナチュラル感のある淡い色合いになります。

 

組み合わせた時のグリッド状に走るラインが、表情をシックに引き締めてくれます。

 

 

 

 

P1070887
P1070889

こちらが施工途中の様子です。

 

GLラインより80cm掘削し、砕石を転圧した上に鉄筋を組みコンクリートで基礎を作ります。

 

 

 

 

RIMG0317
RIMG0316

塀は単調にならないようにスリットを5箇所デザインしています。

 

 

 

 

2013-11-01-11.17.23
RIMG03191

塀と塀の間には ディーズ デコ ティンバー という角柱を所々に配置しています。

 

角柱の裏にはコニファーのエメラルドを植えており、塀の上、隙間からさりげなく緑が見え、彩りを添えています。

 

 

 

 

189

施主様である旦那様と奥様で、元々お庭に求めるイメージに若干違いがありましたが、お互いのイメージに適うブロックということで、ペールストーンを選んで頂きました。

 

シンプルながらナチュラル感のある柔らかい色合い中に、リブが全体をシャープに引き締め、大人な印象の塀になりました。