札幌市 手稲区 開放的で格調高いデザインと美しいホワイトのフェンス

完成写真 タカショー ロイヤルフェンス

IMG_52681

札幌市 北区 の物件になります。
可愛らしい印象の住宅に合わせ、角の歩道際に沿ってレンガによる仕切りとフェンスを設置させて頂きました。




ビフォーアフター

before
CIMG31601

角地に建つ住宅で、玄関と車庫の周りは住宅メーカーにより施工されていましたが、お庭部分については土の状態でした。




bottom
after
IMG_52721

歩道境界に沿ってレンガの3段積みによる仕切りと、タカショー ロイヤルフェンス を設置しました。
角地の場合、何か敷地を仕切るものがなければ、無断で敷地をショートカットする人などが稀にいますが、こうすることで、お庭と歩道の境界を明確にし、防犯性も向上させることが出来ます。
特にある程度高さのあるフェンスがあると、雪の積もる冬場でも境界線をはっきりと示すことが出来ます。




before
CIMG3164

施工前は土から雑草が生え始めて来ている状態でした。




bottom
after
IMG_52851

弊社で施工したのはレンガの仕切りとフェンスまででしたが、施工後にお庭部分にお客様が人工芝を貼られていました。
オレンジ色のレンガ、ホワイトのフェンスが緑の人工芝によく映え、洋風建築をより優雅に引き立ててくれます。




クローズアップ

IMG_52781

今回使用したレンガはTKレンガのレッドを3段積んでいます。
タカショー ロイヤルフェンス は主成分にPVCを使用しているので、割れ、ささくれ、などの心配がなく、なめらかな手触りで小さなお子様も安心の商品になります。
また、耐久性に優れ、美しさが長持ちします。
建物のレンガ色や、植栽の緑によく映え、外構のアクセントにピッタリのフェンスになります。
フェンスの板には適度な隙間があり、目隠しを目的とした用途ではなく、開放的な雰囲気を演出しながら、境界は仕切りたいといった際に適したフェンスです。




IMG_52891

既存門柱の横には同じく タカショー スリット格子材 にて曲線の花壇を作っています。
一見すると木製の角柱に見えますが、木の表情を忠実に再現したシートをアルミにラッピングした商材になります。
今回使用した色はホワイトパインになりますが、住宅の外壁やお庭の雰囲気に合わせ、多くの種類から色を選ぶことが可能です。