札幌市 手稲区 リピート工事 明るい駐車スペースにリフォーム

完成写真とRIKCADによる完成イメージパース

CIMG55301

札幌市 手稲区の現場になります。
以前に駐車スペースの土間コンクリートなどを施工させて頂いたお客様からリピート工事のご依頼を頂きました。
物置を新しくし、土間コンクリートを拡張し、2台用カーポートを設置するなど、前回施工していなかった部分を主に施工させて頂きました。




ps-14

こちらはCADによる3D完成イメージパースになります。




ビフォーアフター

before
CIMG3942

年数の経過とともに地盤が沈下し、部分的にアスファルト舗装に亀裂が入ったり、くぼみが目立つ状態でした。
雨の日はくぼみには水が溜まって冬場は凍結したり、表面の凸凹は歩きにくかったりと、不便な部分も目立つようになってきていました。




bottom
after
CIMG55281

傾斜に合わせて民地石で境界線と物置周りを仕切り、歩道境界までを土間コンクリートで仕上げています。
約15cmの厚さのあるコンクリートはアスファルト舗装と比較し強度に優れ、凹みや轍などが生じないという特徴が駐車スペースに適しています。




before
CIMG3946

以前の施工では駐車スペース1台分を土間コンクリートで仕上げていました。
住宅の雰囲気に合わせて一部にレンガのデザインを入れています。




bottom
after
CIMG55252

古くなったアスファルト舗装を全て剥がし、土間コンクリートを全面的に打設しました。
レンガについても元々のデザインを延長する形で新たに設置しています。




CIMG55341

凸凹が酷かった玄関入口前までを土間コンクリートとしている為、歩きやすいアプローチになりました。
写真のおおよそ半分からしたが以前に施工した範囲、半分から上が新しく施工した範囲になります。

前回は土間に人工芝目地入れていましたが、今回の施工ではリンクストーンという、透水性鏝塗り舗装材でラインを入れることで、完全にフラットな駐車スペースとなり、掃除もしやすくなっています。




クローズアップ

CIMG55391

今回新しく設置した物置は ヨド物置 LMDS-2518で、カラーはダークウッドになります。
木目調の扉が以前の物置よりもナチュラルな雰囲気を演出してくれています。

カーポートは 三協アルミ ツインZ4500で、耐積雪量は150cmとなります。
オプションで屋根材に3山ポリカを3列入れている為、住宅前にカーポートを設置したにも関わらず、明るい駐車スペースとなりました。
玄関や物置前をカバーする形で設置している為、除雪の軽減とともに冬場の動線も確保されています。