INGOTとTHINKによる門柱・表札と階段のライティング

IMG_6839

 ZEROの商品「INGOT」と「THINK」を使いモダンなLEDライティングに仕上げました。

門柱にガラス角柱のインゴット200を組み込み、その上に表札を取り付けることで、夜間でも門柱と表札をかっこよく目立たせることが出来ます。

門柱のフロントにあるアルミ角柱や化粧砂利も、インゴットの光に照らし出され、日中とは違った印象になっています。

 

 

 

 

IMG_6823

 玄関前の階段と土間コンクリートの間に、ガラス製品であるTHINKをライン状に設置しライティングしています。

階段を照らすライティングテクニックは「ステップ ライティング」と呼ばれ、段差のあるガーデンにおいては欠かせないテクニックです。

階段などを照らすことで自然と視線を集め、段差に気付かせ安全を作ることが出来ます。

また、照らし方によって安全と同時に美観も作り出すことができオススメです。

ZERO-THINK-1

 こちらが「THINK」になります。思考という名前のモザイクタイルのような、ピンコロのようなガラスブロックです。

名前の通り自由な発想で考え、デザインできる商品です。

ZERO-THINK-2

 約5cm角 厚3.5cm 大きさ、カット、透明度がどれも微妙に異なり、1つとして同じ物はない個性のある商品になっています。

後ろからライトを当るなど、無限なデザインが可能です。

 

 

 

 

IMG_6873

 インゴットの気泡はライティングすることで、他では表すことができない存在感を表すことが出来ます。

ライティングは見た目だけではなく、人間の心理や安全性・防犯性などにも影響を与える重要なものになります。

弊社の展示場ではインゴット、シンクなど様々なライティングの実物が展示されていますので、気になる方はお気軽に実際に光っている様子を見に来てください。

 

この物件の昼間の様子はこちら⇒www.e-028.co.jp/housing_of_works/rtth120127.html