オーニング『ガーデンハット』で日陰をつくる。 屋根材 札幌 施工例

IMG_76611

F様邸ではガーデンハット(オーニング)を取付けさせていただきました。LiXIL(リクシル)の商品で、心地よい日陰をお好きな時につくることのできる商品です。可動式のキャンバステントはコンパクトに壁付けのボックスにしまうことのできる商品です。せっかくくつろげるデッキがあっても、常に日が当たり眩しい…。そんな悩みの解決策になってくれるのがこの屋根材です。

 

 

IMG_76583

こちらのガーデンハット(オーニング)は間口が1.5間(2,730㎜)で最大、1,975㎜まで引き伸ばすことがでる本格的なオーニングになっております。さらに大きな間口サイズの2.0間、2.5間もご用意できます。

 

 

01_011
ワン !
01_031
ツー !
01_041

スリー !

 

で開きます。

 

 

IMG_76542

実際はこんな感じで伸縮いたします。  ワン !

IMG_76563

ツー !

 

 

IMG_76572
スリー
IMG_76584

完了 ! 

 

 

16

こちらはガーデンハット(オーニング) 設置前になります。樹脂デッキが持ち上げて設置してあるので、住宅からもとても出やすい状況になっています。

 

 

exte_item341
7b761c5c632eb2b14e3b2c78450dce9f1

オーニングの色は上記の14色をご用意できます。規格色が3色(ベージュ・ブルー・グリーン)と特注色(その他)がございます。

 

 

007_011

オーニングを展開・格納する場合、こちらの輪に付属のフックを引っ掛けて回転させる手動式の方法と、リモコンを使い自動で動かせることのできる2つの方法をお選びいただけます。

 

 

d12d53885dd0fb809ea005af47e03d0c2
このフックでクルクル回すと動く方法と、、、
image_01131

こちらのリモコンでピッと動かす方法がございます。こちらのリモコン方式の場合は、強風を自動で感じ取り、自動でキャンバスの巻き取り作業も行なってくれます。

 

住宅の壁沿いに自分の心安らぐスペースをお持ちのお方には必見の『ガーデンハット』のご紹介でした!