隣地面のプラスG(アルミ製品)の*目隠し*<札幌市>太平

dscf13241

 プラスGの特徴は、高さがあっても強度が確保でき、異なるタイプのデザインの組み合わせが自由自在にできることです。

K様邸ではその特徴を活かし、隣地境界線近くにプラスGの角格子タイプと縦格子タイプを組み合わせ、角格子部分にはポリカーボネート製のパネルを取り付けました。

高さは2.4mありますが、道路やお隣からの視線を適度に遮りつつも閉鎖的になりすぎないデザインで、道路から見るとこのような感じとなります。

 

 

 

 

dscf1326

 敷地内から見るとこのような感じに見えます。

角格子部分は柱・フレームともにシャイングレー、縦格子部分は柿渋色を使用し、住宅に合わせてモダンな印象に仕上げています。

内側空間を利用して物干スペースを確保しました。

現在は雑草対策に防草シート+砂利敷きですが、将来的には花壇にすることも可能です。

ご家族様やお子様の成長に合わせて変化させていく余韻を残しています。

 

 

 

 

09ps_ka02

 全体のイメージパースです。

プラスGのタイプは縦長格子・角格子・横格子・縦格子・細縦格子・横スリット・木虫籠(きむすこ)・板塀の8種類。

K様邸のように色違いでタイプ組み合わせもできるため、住宅のデザインや用途にあわせてお客様のイメージにあった仕上がりが可能です。

 

 

 

 

dscf13253

 コンクリート部分は汚れの目立たない刷毛引き仕上げ。敷き方にデザイン性を持たせて、表情のあるアプローチとなっています。

アスファルトの黒とコンクリートの白でモダンな印象に仕上げました。

クラック誘発目地には、化粧砂利を敷きこんでオシャレな仕上がりにしています。

また、夜のためにソーラーライトを埋め込みました。太陽光エネルギーを使うSBICのエスコートを使用しています。

 

 

 

 

aqqkfretzdih

 SBICのエスコートは太陽光エネルギーを使う蓄熱式のソーラーライトなので電気代もかからず経済的。

 自家用車が上に載っても大丈夫なので、K様邸のようにカーポート兼用のアプローチにも使えます。

カラーバリエーションはオレンジ・ブルー・グリーン・ホワイトの4色。

 

 

 

 

dscf1328

 屋外散水栓です。周囲に化粧砂利を敷きこみ、アスファルト部分に水が流れていくのを防止しています。

ポーチのすぐ脇にあるので、ポーチの階段部分に腰掛けて使うこともできます。