ステージのようなフリースペースとカラフルな角柱

rimg1619
やわらかなピンクベージュのお家に合わせた可愛いエクステリアです。 住宅の雰囲気を壊さないように、そしてポイントにもなるようにお庭をデザインしました。 還元レンガを2段積んだステージ上にテーブルスペースを設けました。 テーブルスペースへの敷き材として、自然石のラジャスターンとカラーインターを合わせて使いました。
rimg1606
住宅全面はモニカ(積み材)を2段積み上げ、住宅周りの仕切としました。 モニカや還元レンガ(江別レンガ)で囲われた花壇にはスカイロケット(コニファー) H=1.2を列植しています。花壇のコニファーと、テーブルスペースに付けられた細めの花壇に入れたコニファーが前後になりながらも、バランス良く視線をカットしてくれます。 軽く目隠しをしながら、可愛い雰囲気を出してくれるコニファーもオススメです。
rimg1609
お庭のアプローチ兼、フリースペース敷き材として、YBタンブルを使っています。YBタンブルは自然の温かさと柔らかさを大切にした、クラシカルなインターロッキングです。赤・イエロー・オレンジ・ナチュラル・セピアの色がご用意できます。 YBタンブルで作られたアプローチは物置まで続いているデザインになります。
rimg1607
フリースペース前には化粧砂利と枕木で作った小径(こみち)があります。見た目にデザインを付けながら、物置までのアプローチとして存在感があります。化粧砂利の下には防草シートが敷設されています。レンガで仕切られた花壇は使い勝手も良く、メンテンスも施しやすくなります。
rimg16181
シンボルツリーの前に、お客様が飾ってくださった風車がとても可愛く回っています。
rimg1613
住宅の窓からはこんな景色が見えます。こちらのスペースで焼き肉をしたり、ランチをしたりと、多目的に使用することができます。もちろんテーブルを置かなくても、床面を自然石で飾っているのでさみしくなりません。
rimg1620
目隠しを兼ねた白い5本の木の角柱に淡いピンクの角柱を1本交えました。お庭のちょっとしたポイントになって、雰囲気がでます。ありそうでなかった、新鮮な組み合わせになっています。コニファーに合わせると、ナチュラル感が出てとってもGOODです。
e6988ee697a5e9a2a8efbc9ae4ba95e4b88ae58d93e4b99fe6a7982ps4
六光園では、3DCADを使って図面をお作りしています。使用材料や高さ、雰囲気を見ることを確かめることができます。たくさんの資材が、登録されたRIK21CADを使っていますので、打ち合わせがスムーズになります。
designer 森山玲実