”和とモダン”トータルデザイン 札幌市

e4bdbfe794a8-11
真っ白なデザイン住宅のO様邸に合わせて、白をベースとしたエクステリアをデザインしています。カーポートはウィンスリーのサイドパネル付を使用しています。2段+台形のものを使用し、色はシャイングレーを選びました。白い塗壁の門柱と、色を合わせたアプローチ、門柱前には白のピンコロで作った小さな花壇とシンプルにまとめていますが、それだけに1つ1つのエクステリアが映え、夜間も照明自体がデザインの中心になり、とてもきれいに見えてきます。
e4bdbfe794a8-2
シンプルモダンをコンセプトにした白いL型のラフ仕上の塗壁門柱に取り付けた表札は、門柱の形に合わせてL型に配置しました。オンリーワンのスタイリッシュなステンレスサインを使って、施主様がデザインしています。50cm角のドットペイブの平板を敷き詰めたアプローチと、1m角のドットペイブの平板で作ったフリースペースは、自転車を止めるための駐輪スペースにもいい場所となっています。
e4bdbfe794a8-61
門柱には、ポイントにインゴット100を門柱に合わせてL型に入れています。昼も光が透けてきれいですが、夜になって照明をつけると、とてもきれいに浮かび上がってきます。とてもスタイリッシュなガーデンマテリアルで、気泡に光が乱反射して、落ち着きながらも変化のある空間を作ってくれています。帰ってきた人を温かく出迎えてくれますね。
e4bdbfe794a8-31
中庭部分です。モダンな住宅と和のテイストがマッチするようにデザインしました。中庭部分の通路とフリースペースは、ブラック平板を敷いて、モダンな印象を強くしています。フリースペースは、焼肉などができるよう、テーブルや椅子も置ける広さをとっています。隙間には化粧砂利の白玉を入れ、白と黒のコントラストをはっきりつけて、スタイリッシュに演出しました。モミジや夏つばき(シャラの木)などの植栽と、タカショーの灯篭ライトなどのアクセサリーで、和のテイストを織り込んでいます。目隠し用のオリジナル木フェンスは、細縦格子にデザインして、機能的な和のデザインに仕上げています。
e4bdbfe794a8-41
ブラック平板の通路からこの木製縁台に続く小道には、靴脱ぎ石と飛び石を配しています。お庭にに配した庭石には、北海道ならではのゴツゴツした羊蹄石を使用しました。部分的に設けた植栽も引き立つ化粧砂利の白玉の下には、防草シートを敷きこみ雑草対策も万全です。
e4bdbfe794a8-7
夜間には、灯籠と平板の目地の明かりが灯ります。周囲をほのかにライトアップし、幻想的な和の空間に見せてくれます。照明効果で、高さのある樹木が造る陰影もデザインのひとつになっています。白い外壁ともマッチして、奥行きも感じられます。こんなお庭ならお子様たちも怖くないかもしれませんね。
e4bdbfe794a8-51
夜になると、アプローチ部分もスタイリッシュな光の空間になります。ドットペイブ平板の目地にはクリスタルストーンを入れてあり、昼もきれいに見えていますが、夜になると下に入れているラインライトが自動点灯し、くっきりと浮かび上がって見えてきます。ラインライトはLEDのため、電気代も安く、虫も寄りにくい特性があります。しかも交換の必要が極端に少なく、とてもきれいです。外構に用いるにはぴったりですね。
e4bdbfe794a8efbc888efbc89
木製縁台から見た、中庭のイメージ画像です。木で造った縁台を屋外に設ける住宅は、常に冬のことを考える北海道では珍しいかもしれません。しかし、春・夏・秋はこのような景色をゆったりと満喫できる場所になります。当社ではRIKCADを使い、このように奥行きを感じられる3D画像で、様々な角度からの景色をご確認いただけます。
designer 藤田和広・森山玲実