地産地消の還元レンガタイルと塗り壁門柱 芝とレンガのフリースペース  屯田

09a_si03

 S様邸の、敷地を囲う門柱 兼 塀の工事をさせていただきました。

道路側には高さ1.4mのスリット入り塗壁と、レンガタイル仕上げのデザイン門柱を配置しました。

レンガ部分と塗壁部分の素材・色の違い、塗壁の大きく抜いたスリットで、目隠しの効果を発揮しつつも、適度な開放感と軽さを持った塀をデザインしています。

レンガタイルの上には鉢やガーデン小物等を置ける幅がありますので、施主様のセンスでコーディネートをお楽しみいただけるようになっています。

 

 

 

 

09a_si01

 門柱の足元には高さをつけた手入れのしやすいサイズの植栽スペースを設けています。

花壇や芝、植栽など植えるものによって変化を感じる門柱になります。お花の季節が楽しみですね。

p10100011

 お庭施工中の写真です。

フリースペースは、縁取りをせず、レンガ敷きの段差を残し、遊び心を感じられる空間に仕上げています。

段差を生かし、芝部分となめらかに馴染むようにカーブを描いたフリースペースをデザインしました。

 

 

 

 

p10100042

 敷地の側面には高さ80cmのウッドフェンスを設け、お庭をよりプライベートな空間にしています。

フェンスの隙間によって、お隣と隔絶された印象がなく、適度な距離感を保つことができるよう配慮しています。

写真のように道路から斜めの角度で見ても、緑の芝生がとてもきれいに見えます。

09a_si02

 レンガを敷設したフリースペースとその周りには芝を貼りました。

芝と塀の間には仕切りを設けない欧米風の花壇スペースを造っています。

また、レンガのフリースペースは、ところどころレンガを抜いて植栽を施すことが出来るようにしています。

 

 

 

 

designer 藤田和広