前庭のおしゃれなモダンガーデン! 札幌市 施工例

RIMG3577
N様邸では住宅前面に位置します、フロントガーデンを施工させていただいきました。かっちりとしたラインを使いながら、所々にナチュラルや資材を使いモダンナチュラルなお庭をデザインしてあります。樹木スペースや花壇をバランス良く配置することで、コニファーや樹木で軽く目隠しすることもできます。
RIMG3589
住宅前面の目隠しには、がっちりとした塀ではなく、コニファーとウッドの角柱を用いて目隠しにしています。
RIMG36071
住宅前仕切りにはSBICのウルトラCという化粧ブロックを使用しています。ウルトラCは立体的に凹凸の入った化粧ブロックで、比較的経年変化の少ないブロックです。
RIMG35791
庭の中にはバーベキューを楽しんだり、プルーを出したりと多目的に使えるフリースペースが付いています。こちらのフリースペースにはTextured(テクスチャード平板)を使用しています。フリースペースにコンクリート平板を敷いておくことで、いつでも快適にお庭を使用することができます。もちろん、焼肉の炭を落としても、溶けてしまう心配もありません。
RIMG3593
フリースペースを囲むように、ウルトラCブロックを積んでいます。天端にはコンクリート製の枕木ストーンを設置しています。ベンチのように座れる高さに設定してあります。
RIMG3601
お庭の芝は生芝です。小さなお子様も喜ぶ生芝も敷いてあります。伸びて、刈って、伸びて、刈って、このストーリーを楽しみながら、家族で過ごすお庭の楽しい時間が想像できます。
RIMG3581
芝生の中には自然石を型どった、コンクリート製のステップを使用しました。イギリス製のランダムステッピングストーンで、コッツウォールドバフというカラーです。(稲穂の丘をイメージしたカラーです)
RIMG3602
お庭を平らに保つために、駐車スペースとの区切りには御影石のピンコロ石を使ってお庭を平らに保っています。この仕切りがないと、敷地が平らにならずに、斜めになってしまいます。こちらのピンコロ石のcolorはサビというイエロー系の石になります。
RIMG3605
お庭は上から、フリースペース、芝の広場、花壇スペースの3部構成になっています。それぞれに使う資材を変えながらひとつのデザインになっています。住宅の中から見ても楽しめるお庭になっています。
RIMG3586
住宅からお庭に向かう小径(こみち)にはビリ砂利とハーブマットを使用しています。マット状のハーブが、いつもグリーンでいてくれます。もちろん、お花も年に一度咲く、賢いマットです。
RIMG3587
ハーブは6種類ご用意できます。こちらのマットはクリーピングタイムという品種になります。
RIMG35711
出来立てのお庭で、N様がお写真を撮らせてくださいました。いきなりの申し出にも快く承諾してくださいまして、ありがとうございます。お庭の完成を喜んでいただき、私たちもまた嬉しいです(#^.^#)
RIMG3583
さっそく花壇にお花を…、植えていただきました。お子様のご要望で、種からお花を植えたとおしゃっておりました。たくさん出た、芽をこれから間引いて育てて行くそうです。花壇のあるお庭には、食育ではなく、植育があるますね。花壇はぜひオススメのお庭ポイントです。
RIMG3615
駐車スペースの上には既にお花が咲いていました。これからの季節が楽しみですね!これからもどうぞよろしくお願いいたします。
wu-kf1

Pic-up資材


ウルトラCブロック SBIC

シャープなラインと淡い色ムラが様々な景観を描くブロックです。

塀等のブロックとして使用できます。

 

designer 森山玲実